女性騎手の存在と
競馬に与える影響

TOP
騎手,女性,藤田菜七子

JRA所属の女性騎手

JRA騎手として史上7人目、16年ぶりに女性騎手が誕生しました。
藤田菜七子さんです。
藤田菜七子さんは1997年8月9日生まれで、茨城県出身です。かわいらしい顔立ちをしていますが、空手初段、剣道二段と武道もやっており、そういった武道で精神面も鍛えられたのではないでしょうか。

藤田菜七子さんは小学校6年生の時から美浦トレセンの乗馬苑に通い、努力を重ねて卒業し、これから騎手としての道を歩む事になります。
一言で努力と言っても、騎手という職業は、競馬学校に入る事も狭き門でもあり、そしてそこを卒業する事もまた大変な事です。 シビアな体重等の管理、厳しいトレーニング等、自己管理を徹底出来る精神力、体力、忍耐力、向上心等多くのものが求められる職業です。
また、男性の多い社会でもあり、その中で女性が闘っていくという事は並々ならぬ努力が必要でもあります。
そんな中で、今回史上7人目となる女性騎手が誕生した事は、これからどういう騎乗を見せてくれるのか楽しみですし、活躍する事で競馬がより一層盛り上がりを見せる事にもなると思います。

競走馬に乗るという事は簡単な事ではなく、どんなに上手な騎手でも落馬事故等の危険と共に騎乗しているので、まずはそういった事故が起こらない事、その上で腕を磨きながら上を目指していってほしいなと思います。
JRAでは新人騎手は重量において減量を受けられる恩恵が3年間、もしくは100勝まであり、その間にどれだけ実績が残せるかという事もあるので、まずは早いうちに一勝を挙げてほしいところです。

競馬 予想,基本,軸
競馬 事件,八百長,事実
競馬理論,予想,的中
競馬,お小遣い,稼ぐ
競馬 重賞,上がり馬,穴馬
競馬,指数,理論

過去のJRA女性騎手

過去には女性騎手が騎乗していた時期もあり、テレビで活躍している細江純子さんや、調教助手となっている増沢 由貴子さん(旧姓 牧原)、田村 真来さんといった女性騎手がJRAに6人所属していた時期もありました。
しかし、男性社会という下地が強い競馬業界においては、大成するのは難しいと感じる部分もあります。

地方競馬の女性騎手

地方競馬に目を向けると、現在も活躍している女性騎手がいます。
南関競馬には現在はいませんが、北海道のばんえい、岩手、名古屋、高知、荒尾といった各地に所属している女性騎手が現在も活躍しており、厳しく大変な騎手で活躍している姿を見る事が出来ます。

競馬新聞

稼ぐ為の競馬情報サイト

  • 競馬予想
  • 競馬理論
  • 競馬のコツ
  • 競馬の指数

ジョッキーのテクニックまとめ

必勝競馬