競馬で騎手予想をするポイント

TOP
競馬 騎手,予想,ポイント

競馬における騎手予想のポジション

競馬では騎手がレースを決める事は多々あります。
特に後方から勝負を仕掛ける競走馬に騎乗した場合、どれだけ良いポジションをとれるか、もしとれなかった場合、どういう進路を選択するか、距離にロスの少ないインを突くのか、それとも多少大きく回る事になっても大外を回して直線に賭けるか等、その判断は騎手による部分がほとんどになってきます。
それだけ勝負に対しての比率の大きい騎手であるからこそ、騎手の腕を予想に組み込まない手はないでしょう。

最初のターニングポイント

まず騎手から予想をする前に、ハンデ戦なのかそうでないのかが重要になってきます。
負担重量の違いによって、騎手が乗れなくなる可能性があるという事もあるからです。
そういった場合、負担重量の軽い馬の主戦騎手が乗り替わっている可能性もあり、そこがハンデ戦が荒れる一つの要素にもなっています。
もちろんハンデ戦ですからハンデによる力の均等化によって勝敗が大きく変わっている部分も大きいのですが、競走成績は良くても騎手の乗り替わりによって凡走してしまう事はやはり多々あるわけです。
そういったレースでは逆に穴を狙いやすいので、騎手の力は落ちても斤量の軽い成績の良い馬を狙っていく方が良い場合も多いです。
どんなに騎手が上手くても、馬にかかる負担重量を減らす事は難しく、トップジョッキーが人気馬に騎乗して取りこぼす事が多いレースの一つがハンデ戦であり、そこが最初のポイントと言えるのではないかと考えられます。

騎手予想のポイント

騎手から予想する場合、まずはその競走馬の特徴やコース等の条件を得意にしているかどうかがポイントになるでしょう。
ペースメイクが得意な騎手であれば先行馬に騎乗しているかどうか、ポジショニングやインに切り込むのが上手い騎手ならば後方からの競走馬でも問題ない可能性は高く、小回りのコースが得意な騎手なら小回りのコースなら信頼度は増します。
トップジョッキーになればどんなコースでも、どんな競走馬のタイプでもある程度はこなせるでしょうが、やはり得意なパターンは存在します。
得意なパターンでは当然ミスは少なくなりますし、ミスの少ない騎乗がより着順を押し上げます。
そのレースで人気の高い競走馬に、誰が騎乗し、その騎手はどれくらい得意なパターンにハマっているのか、そこから見る事で凡走してしまう可能性、そして人気がなくても好走する可能性のある競走馬が見つかってきます。

実証済みお勧め競馬サイト情報


競馬の知識