シッティングプッシュ(尻餅、ダンス)騎乗は効果的なのか

TOP
競馬 騎手,尻餅,シッティングプッシュ

競馬騎手の技術【シッティングプッシュ】

近年の競馬では騎手が尻餅をつく様な騎乗が多く見られる様になりました。
尻餅騎乗、トントン、ダンス、シッティングプッシュ等、色々な呼び方もされています。
その騎乗法に関しては色々な意見がありますが、騎手の進化としての一つの形とは言えるのだと思います。
基本的には馬に騎乗する場合、馬に出来るだけ負担をかけない様に乗る事が基本とされています。
それは騎手としては当然の考え方であり、負担が大きくなればなる程レースで結果を出す事は難しくなる為です。
また、その効果を得る事が出来なければ、ただ馬の走行の弊害にしかならない場合もあるとも言えます。

だからこそ、このシッティングプッシュも馬の負担を考えた場合、騎乗技術としては疑問点となるわけです。

【シッティングプッシュ】を使う騎手

このシッティングプッシュという騎乗は最後の直線で追う時に利用される事がほとんどです。
最後に追う時、馬が頭をあげてしまい走る事をやめようとする時等によく使われるわけです。
しかし、ハミをとってちゃんと走っている時にわざわざ使う必要のある技術なのかといえば違うわけで、シッティングプッシュを良く使っている騎手が使わないからといって本気で追っていないと考えるのは早計でしょう。

やはり馬の負担、展開を考えれた上でもうひと伸びさせたい時や追いに入っている時に限定して勝ちにいける時という事になるでしょう。
過去に元騎手の方がシッティングプッシュをやめろとある騎手に言ったという話があり、当時はシッティングプッシュに否定的なのかという考えもありましたが、馬の負担を考えれば闇雲に使う技術ではないという事だったのかもしれません。

このシッティングプッシュという騎乗法ですが、外国人の騎手も使っている技術であり、現在はJRA所属の騎手も含めて多くの騎手が使っている技術でもあります。
しかし、簡単な技術というわけではない様です。

【シッティングプッシュ】とは

シッティングプッシュとは、原理的には馬のリズムに合わせて尻餅をつくように腰を上下させて遠心力をつけて馬を走らせるという騎乗だと言われています。。
よく映像で馬を押している様なものがありますが、あれは手だけではなく足や体全体を使う動作であり、その為には重心を下げて体全体で押し込む、その為に馬のリズムに合わせ、馬に出来るだけ負担のかからないタイミングで腰を落とすという事なのだと思います。
馬は押すだけではなく、手綱を引いてハミをかける事も大切で、その動作に腰を落とすのが効果的だという話もあります。
否定的な意見も多い中で使う騎手も増えてきたのが現実であり、このシッティングプッシュは大変な運動量を必要とする騎乗でもあります。

騎手が楽をしているという話もありますが、実際には大変な騎乗であり、シッティングプッシュは騎手が勝つ為に練習し習得している技術の一つだという事は言えると思います。

実証済みお勧め競馬サイト情報


競馬の知識