競馬騎手の特徴とそれに追随する実力

TOP
競馬 騎手,特徴,実力

騎手の実力

競馬で競走馬と共に主役となるのが騎手です。
競走馬の実力が拮抗しているのであれば、勝敗は騎手次第という事も多々あります。
その騎手の実力、勝っている騎手とそうでない騎手では何が違うのでしょうか。

騎手の特徴

勝てる騎手というのは何かしら特徴的であるというのが一つの考え方となり、その特徴を知る事でどの騎手がどういうレースで、またはどういう馬に乗った時に勝っているのかがわかってきます。
例えば、ペース配分がとても上手い騎手は先行馬に乗った時にはより効果的にレースを運べるので勝ちやすいと言えます。
武豊騎手はペースの魔術師と言われています。
ディープインパクトの主戦騎手であり、ディープインパクトは後方からの競馬をしていたのでそういったイメージの無い方もいるかもしれませんが、近年で言えばエイシンヒカリ、キタサンブラック等の先行、逃げ馬で結果を出しています。
コースで言えば、ダート、小回りのコースでは地方競馬出身の騎手は実力を発揮し易い傾向にあります。
戸崎圭太騎手等は特にダート、小回りのコースで勝ち星を重ねている印象があり、仕掛けずらい小回りのコースでのポジショニング、仕掛けは上手い騎手という印象を受けます。
騎手にはそれぞれに得意な分野を持っており、その特徴を把握する事は単純に馬券術にも大いに活かせるものとなるわけです。

騎手の精神力

メンタルという見えない部分、精神力もまた騎手の実力、ポテンシャルの一つだと言えます。
競馬では人気馬を順当に勝たせる事もまた実力であり、もっと言えば、それが出来てこそ一流だと思います。
クリストフ・ルメール騎手は人気馬に騎乗する機会は多いのですが、その期待に応える実力があるからこそ勝っているわけで、だからこそ人気馬への騎乗が多くなっているわけです。
ミルコ・デムーロ騎手もメンタルの部分がとても優れている騎手の一人と言えるでしょう。
特に重賞レースではメンタルの強さを発揮し、人気的にはそれほど高くない競走馬でもそのポテンシャルを引き出して勝つという事をやってのける、数少ない騎手です。
この2人の外国人騎手は今や別格と言っても過言ではありませんが、馬券を買う側とすれば安心して買いやすい分、競走馬の実力以上に人気になりやすい為、配当的には低くなってしまうのが唯一のデメリットと言えるかも知れません。

騎手からの馬券の買い方

前述した外国人騎手は馬券を買いやすい騎手です。
人気馬に騎乗した際の信頼度はとても高くなります。
ただ、それだけ買っていても勝てないのが競馬です。
どこかで高配当を出していかなければジリ貧になる事が大いに有り得る為です。
ではどういう騎手で買えばいいのか、それは人気薄でも得意な条件にハマっている騎手を買う事に繋がります。
距離や脚質、コース等でどの騎手が得意なパターンなのかを見極めていく事で勝ちを大きくする事が出来る様になります。
若手でもハマれば2着3着は大いに有り得ます。
若手だと軽視せずに、名前を良く聞きだした時に注目をする事で穴馬券をズバっと的中させる事もより現実的に増やしていける事につながるでしょう。

実証済みお勧め競馬サイト情報


競馬の知識