競馬騎手のレースにおける
テクニックの重要性

競馬騎手,レース,テクニック

競馬騎手(ジョッキー)

競馬騎手(ジョッキー)あなたはどれだけ知っていますか?
武豊、競馬ファンでなくとも名前を知っている人は多いと思います。
競馬では多くの競馬騎手(ジョッキー)がそれぞれの持ち味やテクニックを披露し、人馬一体となりレースを盛り上げてくれます。
競馬用語にレースにおいて、馬の力が七分で人の力が三分といわれるもので、競馬は馬の力だけで決まるものではなく、騎手による力も三分あるという意味の言葉で【馬七人三(うましちひとさん)】とあるように馬だけの能力だけではなく、騎手の技術や経験の差で勝敗に差がつくのです。
魅力溢れるたくさんの競馬騎手(ジョッキー)の方々をご紹介。

競馬 予想,基本,軸
競馬 事件,八百長,事実
競馬理論,予想,的中
競馬,お小遣い,稼ぐ
競馬 重賞,上がり馬,穴馬
競馬,指数,理論

外国人騎手、地方出身騎手の台頭

今、競馬騎手(ジョッキー)の世界は大きな転換期を迎えています。
笠松競馬場所属であった安藤勝己が中央競馬の免許試験に合格して中央競馬所属になって以降、地方競馬出身の有力騎手の多くが中央競馬所属となっています。
そして2014年にも地方出身の戸崎圭太騎手がリーディングジョッキーになりました。
2013年に外国人騎手に対する通年免許の発行が認められ、これまでは騎手と言えば日本人、外国人騎手は短期騎手免許で一ヶ月単位(最大三ヶ月)で交付された期間だけ騎乗出来ていたのが、JRAの騎手試験に合格すれば通年騎乗可能となる制度が設けられた事をきっかけに2015年、ミルコ・デムーロとクリストフ・ルメールが合格しました。
元々実力、テクニックのある外国人騎手や地方出身の叩き上げの騎手が通年騎乗する事で、競馬における騎手の比重というのもまた大きく変わってきています。
特に外国人騎手の存在は大きく、重賞レースでも大きな結果を確実に残しています。
ですが、もちろんJRAの騎手も負けてはいません。
武豊騎手を筆頭に福永祐一騎手、横山典弘騎手もやはり上手いですし、観る側としてはとても良い環境になったのではないかと思います。
ただ、それと引き換えにエージェント制度の問題もあり、騎手によっては騎乗数が大きく変わる事が懸念材料としてあります。
若い騎手が育ちにくい環境になり、力のある騎手が騎乗数を稼ぐという事態になりつつあるのです。
馬主にとっては勝たなければ賞金が入らず、競走馬を保有し維持していく事が難しくなっていくので、力のあるテクニックに優れた騎手に騎乗依頼が行くのは必然でもあり、ハングリーな外国人騎手や地方競馬で実績を積み上げ、確かなテクニックを持っている地方出身の騎手の騎乗回数は数年前から次第に多くなってきています。

色々な問題もありますが、しかしこうしてテクニックに優れた騎手が集まる事で、観る側にとってはテクニックがもっと分かりやすい環境になってきているとも言えます。
外国人騎手はテクニックのある騎乗を見せつけてくれますし、そんな中で日本人騎手が素晴らしい展開を見せて勝ったりするという相乗効果も確かに出てきていると思います。
今、競馬は近年で明らかに騎手の比重というものは上がってきていますし、騎手によって人気も更に大きな影響を受けてきています。
馬と騎手、この2つの要素を見極めなければ競馬の予想は中々上手くいかないものですが、これまで以上に騎手というものにスポットを当てていくと、予想のテクニックも上達し、競馬をもっと楽しく感じられるのではないでしょうか。

騎手は命懸けの商売でもあります。
どんなに優れたジョッキーでも落馬しますし、それが原因で命に関わる怪我をする事もあります。
「競馬は何が起こるかわかりません」
競走馬が戦う舞台であり、騎手の真剣勝負の舞台でもあるのが競馬です。
これからも様々なドラマが生まれるであろう競馬界、その舞台を目一杯楽しみましょう。

競馬新聞

稼ぐ為の競馬情報サイト

  • 競馬予想
  • 競馬理論
  • 競馬のコツ
  • 競馬の指数

ジョッキーのテクニックまとめ

必勝競馬



お問い合わせ